踊る『熊谷拓明』カンパニーとは


ダンス劇作家の熊谷拓明が作、演出、振付を手掛ける「ダンス劇」
を制作、上演するカンパニー。


美術、照明、音響と熊谷が生み出す動きや言葉が、フィクションの「物語」、「人物」を
不思議なほど現実的で身近なものとする。



主な作品

『おい!そこはおれのマイキャッスル!』
『だからりんごは食べられないって言ってるでしょうが!』
『サナギ男が笑う時』など。
Img_49373309e925c55f84996dffdff6b682
「おい!そこはおれのマイキャッスル!」 美術/上領大祐 写真/大洞博靖 
熊谷拓明(Hiroaki Kumagai)

1979年札幌生まれ。
小学生時代に生まれて初めて観たミュージカルに衝撃を受け、
独学で歌い、踊り、家族に1人ミュージカルを披露する日々を送る。

独学に限界を感じ高校入学と同時に札幌ダンススタジオマインドの門を叩き、
恩師となる宏瀬賢二のもと歌うことを忘れダンスをする日々を送る。

23歳で上京。
根拠のない自信を踏みにじられボロボロの日々を送る。

くじけかけた28歳の冬受けたオーディションに受かり
シルク・ドゥ・ソレイユ新作(当時)『Believe』に出演する事がきまり渡米。
約3年間で850ステージに出演、不思議な日々を送る。


帰国後、自ら作、演出、振付を手掛ける作品を『ダンス劇』と呼び、独特のゆるい台詞としなやかな動きで
物語を繰り広げる作品を数多く発表。

舞台上で『食べる』『喋る』『鼻歌を歌う』『歩く』『躍る』などをスルスルこなす、とにかく自然である。
Img_9f33a1c2a3d0f028c08bf1a81992bdd3